猫村さんの知恵袋

さまざまな情報をわかりやすくお届けします。

医療

痛風と高尿酸血症は違う?治療法や痛風発作の予防法について知ろう

投稿日:2016年3月18日 更新日:

健康診断を受けて高尿酸血症と指摘された方いませんか?

高尿酸血症と聞いてピンとこない方でも、痛風と聞くと何となくイメージつきますでしょうか。

そう、高尿酸血症と痛風は関係があるのです。

そこで、痛風と高尿酸血症の違いや、治療法、痛風発作の予防法についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

1.高尿酸血症と痛風の違いとは

高尿酸血症と痛風は同じではありません。

高尿酸血症とは、尿酸値が7.0mg/dl以上の人を指します。

では痛風とは何かというと、関節に尿酸の結晶ができて炎症が生じた状態のことで、医学的には痛風発作、痛風関節炎などと呼ばれることもあります。

つまり、体内での尿酸値は高いが、そのままの状態なのが高尿酸血症で、痛風はその状態から進んで炎症を起こしている段階ともいえます。

尿酸値が10.0mg/dlでも何の症状もなく生活している人は高尿酸血症ですし、尿酸値が7.0mg/dlでも関節の炎症を起こしている人は痛風ということです。

尿酸値の値の多さではなく、炎症が起きているかの違いということですね。

どちらにしても、高尿酸血症と指摘をされた時点で、何らかの治療や生活習慣の改善が必要になります。

痛風発作に関しては別の記事にまとめましたので、そちらをご参照ください。

「痛風が起こりやすい部位となりやすい人とは?痛風発作時の対処法と治療法」

次の章では、高尿酸血症ではどんな治療をするのかご紹介します。

スポンサーリンク

2.高尿酸血症と痛風の治療とは

治療の基本
尿酸値6.0mg/dl以下を目指した尿酸値の継続的なコントロール

※尿酸値を6/0mg/dl以下に保つと、体に付着している尿酸の結晶が溶け出し、痛風発作や合併症のリスクが減るといわれています。

高尿酸血症だからといって、すぐにお薬による治療が開始されるわけではありません。

尿酸値が7.0mg/dlを超えている人は、まずは生活習慣を見直しましょう。

ただし、以下の人は薬を飲むことを勧められますので、主治医と相談が必要です。

・痛風発作を起こしたことがある、または痛風結節がある人

・尿酸値が8.0mg/dl以上で合併症がある人
 ※合併症とは、腎障害、尿路結石、高血圧、狭心症、心筋梗塞、糖尿病、メタボなど

・尿酸値が9.0mg/dl以上の人

高尿酸血症の場合、症状がないため治療や生活習慣の改善をせずに放置してしまいがちです。

しかし、高尿酸血症の状態で長くいることは、いつか突然痛風発作を起こすかもしれないという爆弾を抱えているようなものです。

知人が痛風発作を起こしたことがありますが、急性期は歩くこともできず、杖で歩行してました。

発作が起きてからでは大変です。

尿酸値が7.0mg/dlを超えている人は、放置せずに治療や生活習慣の改善をしましょう。

3.高尿酸血症と痛風の人の生活習慣の改善

尿酸のもととして食品に含まれる「プリン体」が有名ですが、実は食品のプリン体から作られる尿酸は全体の20%に過ぎません。

残りの80%は体内で作られるエネルギーの燃えかすと遺伝子が分解されることによって生じる老廃物です。

尿酸値が高いといわれると、プリン体の制限ばかりに目が向きますが、尿酸値を上げやすい生活習慣全体を見直すことのほうが大切です。

生活習慣の改善ポイント
①食事の量を抑えて、体重を落とす

②アルコールを減らす

③水分を十分にとる

④適度な有酸素運動をする

⑤ストレスを上手に発散する

上の5つのポイントを詳しく説明しますね。

食事の量を抑えて、体重を落とす

肥満を解消するだけで、ほとんどの人が尿酸値が下がります。

尿酸値が高いからといって、食べてはいけないものはありません。

食事で気を付ける点は、

①適正カロリーを守る

一日に摂取する適正カロリーの目安

標準体重×25~30kcal

※標準体重=身長(m)×身長(m)×22

②プリン体のとりすぎに注意

プリン体を完全に食べてはいけないのではなく、量と頻度に注意しましょう。

プリン体が多いといわれる内臓系や魚卵などは注意です。

③アルカリ性食品を積極的にとる

尿酸値が高いと尿が酸性になり、尿酸が溶けにくくなって尿路結石ができやすくなります。

尿をアルカリ化する食品
【藻類】ひじき、わかめ、こんぶ

【きのこ類】干ししいたけ

【豆類】大豆

【野菜類】ほうれん草、大根、かぶ、なすなど

【イモ類】さつまいも、里芋、じゃが芋

【果実類】バナナ、メロン、グレープフルーツ

アルコールを減らす

ビールにプリン体が多いのは有名ですが、ビールに限らずアルコールそのものが尿酸値を上げる原因になります。

お酒の種類によってプリン体の量は異なりますが、たくさん飲んだら同じです。

尿酸値の高い人はなるべくお酒は控えましょう。

水分を十分にとる

尿酸は尿から排出されるため、尿の量が増えると、体内の尿酸が体の外へ出やすくなります。

お医者さんから水分制限の指示が出ている人以外は、1日2Lを目安に積極的に水分をとりましょう。

適度な有酸素運動をする

激しい運動はエネルギーの燃えカスである尿酸が増え、尿酸値をあげる原因になるので注意が必要です。

ウォーキングや水泳など有酸素運動を継続して行うと効果的です。

ストレスを上手に発散する

ストレスは尿酸値をあげるといわれています。

ストレス解消の手段として飲酒や過食は尿酸値を逆にあげることになりますので、十分な睡眠や適度な運動など体に優しいストレス解消法をみつけましょう。

まとめ

高尿酸血症の方は、痛風発作がいつおきるかわかりません。

少しでも危険性を減らすためにも、生活習慣の改善をしていきましょう!

スポンサーリンク

-医療
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

胃バリウム前の食事は何時間前でアルコールはいつまで?下剤はいつ飲む?

会社で行なう定期健診では、胃のバリウム検査が項目に含まれていることが多いですよね。 法定項目ではありませんが、胃がん検診として含まれています。 胃がん検診の普及により、胃がんの早期発見・早期治療ができ …

ピロリ菌って何?検査の必要性と方法は??

「ピロリ菌」ってちょっとかわいい響きですよね。 かわいい名前ですが、実は恐ろしい菌なのです。 そこで、今回はピロリ菌について詳しくお話ししたいと思います。 スポンサーリンク 関連

紫外線対策の日焼け止めに書かれているPAやSPFって何?選び方や成分もご紹介

紫外線は日焼けやしみ、しわの原因になるだけではなく、皮膚がんの原因にもなります。 最近は紫外線に対する認知度も高くなり、日焼け止め製品も多く市販されています。 みなさん、日焼け止めを買うときは何を基準 …

熱中症になりやすいのは男性って本当?熱中症予防グッズと睡眠の関係とは

熱中症は誰にでも起こる可能性があります。 毎年、熱中症で救急搬送された人の数をニュースなどで耳にすることが多いですよね。 スポンサーリンク 一般的に熱中症は高齢者やこどもがなりやすいことは周知されてい …

緊張性頭痛と片頭痛の違いと治療方法や市販頭痛薬の成分と特徴とは

頭痛は日常的にみられる症状なので、経験したことのある人が多いと思います。 ただ、ひとくちに頭痛といってもいくつかの種類があります。 スポンサーリンク 今回は緊張性頭痛と片頭痛の違いとそれぞれの治療方法 …